アルファード新型トップ絵
アルファード新型値引きトップ

アルファードとヴェルファイアの違いとは?

アルファードvsヴェルファイアどっちが違う?

アルヴェル違い

トヨタ車としては人気車種で、二台とも販売台数ランキングでも上位につけています。トヨタの「中高年向け」イメージを払拭したい意図が見えるのがヴェルファイアでしたが、アルファードも追従するように先進性のある未来的なデザインへと変化してきました。でもどのへんが違うのか分かりづらいですよね?

エグゼクティブラウンジの存在感が際立っていて、両車にも設定されているグレードです。アルヴェルのどちらのクルマが比較して優れているのか、どの部分が違うのかまとめてみました。

誕生の違い

感想評価アルファード

元々は「ヴェルファイア」という車種は存在していません。アルファードVから枝分かれするようにして誕生したのがヴェルファイアです。

初代アルファード(10系)では「ヴェルファイア」という車名は存在していません。モデルチェンジして2代目になり、ヴェルファイアVがトヨタネッツ店でのみ販売されるようになり、明確に別な車種として定義されるようになりました。ただ型式は同じであり、車体やエンジンなどの基本コンポーネンツでは共用されていることが分かります。

2015年モデルでは両車の差はより少なくなり、ほぼ同系のクルマに近くなっています。販売店やカラーリング、エクステリアの変更点が特徴になっているのです。

30系新車イラスト画像 CMやイメージキャラクターが明確な差になっています。ビジネスマンがゆったりとくつろいでキャプテンシートに腰掛けている。二列目のVIPにうとうととうたたねができるようなイメージですね。

30系ヴェルファイアイラストヴェルファイアはゴリラで斬新かつ獰猛なイメージ。感性派でアクティブなスタイルを送っている人にはビビッとくるような印象を植え付けます。

内装・外装の違い

大きな違いはグリル部分とヘッドライト。アルファードの方がロワグリルと一体になった大型のもので、ヴェルファイアは縦長になって見える所が違いです。エアロパーツでもそれぞれ別なパーツが装着されていて、外観部分の違いはぱっと見ためですぐに分かるでしょう。

「映像で比べてみたい!」
「どの部分が違うのか動画で見てみたい」

そんな人はYOUTUBE動画で確認してみてください。

YOUTUBE動画:外観エクステリア

アルファードは新型にフルモデルチェンジして、ヴェルファイアとの違いが少なくなりました。特徴的だったヴェルファイアのフロントマスクを受け継ぐようなデザインになり、イメージを一新することになります。

ベルファイアはより斬新なイメージで、CMでも変化を見せたいようです。

YOUTUBE動画:内装シート比較

販売顧客層の違い

今はユーザーにも年齢層や好みが出ます。いわゆる「団塊世代」がミニバンを購入する傾向もあります。若年層の顧客獲得は自動車業界の大きなテーマになっています。トヨタのディーラーでも統合が起こり、ヴェルファイアはトヨタネッツ店で販売されることになりました。

◆アルファード
 高級で中高年層に向けていると思われる。定年退職した世代が家族との団らんのために利用するという話もある。家族連れが多く、大家族で旅行するなどの利用方法が多い。

◆ヴェルファイア
 若年層の顧客が多い。若年層を意識されたため、ユーザー層も比較的低くなっている。ローンなどで購入するケースもあり、アルファードよりも販売台数が多い傾向がある。

トヨタ販売店の違い

アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはトヨタネッツ店で販売されていました。

トヨタネッツ店は全国に約1600店舗、トヨペット店は約50店舗ほどあります。この二つには販売店でのイメージや顧客層に差があります。アルファードvsヴェルファイアはディーラーの販売競争でもあります。

一般的にトヨタネッツ店は20代から30代前後をターゲットにされています。販売店が異なる意味は、店の雰囲気や販売戦略に違いがあるのです。反対にトヨペット店は30代以上の年齢層に対して顧客獲得を目指す傾向があります。

CMやイメージの違い

トヨタの公式動画チャンネル「toyotajpchannel」へのリンクです。二つのクルマのイメージの違いが極端に現れた動画となっています。

アルファードの高級サルーンとしてのイメージ。ヴェルファイアのインパクトの強さが表現されたCMになっています。ヴェルファイアのゴリラという登場人物が刺激的な内容。アルファードはラグジュアリーとしてビジネスモデルの旅客機がイメージになっています。

YOUTUBE動画:アルファードCM

YOUTUBE動画:ヴェルファイアCM

まとめ

兄弟車はメーカーの都合により生まれるものですが、販売台数増加や販売店を分ける必要から生じることもあります。バッジエンジニアリングの一環でもありますが、アルファードの場合では実務上の都合もあるでしょう。若者向けの販売店と中高年層、業務用と同じ店では扱いきれなくなる理由も考えられます。

どのクルマを購入するのかも好みや嗜好の問題になります。「ベルファイアかっこいい!」と思っていた人でも、アルファードのデザイン変化で好みが別れることになるでしょう。アルヴェルとの売り上げや人気比較することでトヨタのハイブリッドや安全装備などに詳しくなりますよ!

新型アルファードの新古車を探す方法

アルファードとヴェルファイア販売台数比較