アルファード新型トップ絵
アルファード新型値引きトップ

激安?新型アルファードの新古車価格は本当に安いのか

新古車とは?普通の中古車とはどう違う

良質好品質中古車売り切れる

 

新古車は中古車市場でも中々手に入りづらいクルマです。

「これって新車とどう違うの?」
「保障や価格はどうなってる?」

ユーザー側からすれば、新古車はどのようなものでどこで購入できるのか疑問になりますね。

新古車はディーラーが売り切れなかった車ことです。他にも展示車などが中古車販売店に流れたものもあるでしょう。

これは新車同様の高品質で、しかもメーカー保証が付くからあんしん!

 

アルファードの場合なら、トヨタの自動車ディーラーが販売台数確保のために余剰に確保した車が新古車です。カーディーラーでも全てのクルマを売り切れるわけではないため、残りは中古車扱いとして市場に流れます。

試乗や展示などの目的で使用された新古車もあるでしょう。新型アルファードも話題のクルマのため、ショールームなどで展示される機会も増えます。そうしたアルファードが新古車になるのです。

2018年新古車価格相場
・新型(30系)
新車価格の85%~110%
カスタムカーは新車価格以上
未登録で年式の古いタイプは85%~100%

新車と新古車の価格比較

アルファド新古車価格調べる

 

新型アルファード新車・新古車価格表
グレードメーカー希望小売価格新古車価格(目安)
SA“Cパッケージ”4,100,000~4,500,000円4、300,000~4,800,000円
X(2.5L)3,100,000~3,500,000円3,300,000~3,800,000円
GF(3.5L)4,500,000~5,000,000円4,800,000~5,300,000円
G(2.5L)4,000,000~4,200,000円4,300,000~4,500,000円
HYBRID SR4,800,000~5,500,000円5,100,00~5,800,00円
HYBRID X4,100,000~4,200,000円4,400,00~4,50,000円
HYBRID G4,700,000~5,300,000円5,000,00~5,600,000円
Executive
Lounge
6,500,000~7,000,000円6,800,000~7,300,000円
※価格はあくまでも目安です。値段を保証することはできません。新古車は年式、走行距離でも違います

 

「あれ?高くなってる?」

値段に疑問に思うでしょうが、これは実際の購入代金とカタログ価格が違うためです

トヨタのカタログにある「メーカー希望小売価格」は税金などの料金が加算されていません。実質的にはメーカー価格の30万円から50万円ほどプラスされた値段が実際の購入代金となります。

中古車販売店で購入するなら、「本体価格」「支払い総額」に注意しましょう。車検の残りがどれだけあるかもチェックポイントになります。

未使用車ですから、ほとんど新車に近い状態になります。ただ、数キロ程度は走行していたりするため実質的には中古車になります。

 

これは初代(10系)でも2代目(20系)でも、新型ハイブリッドでも同じでしょう。

 

悪いところだと
品質の低すぎるボロ車
少し高くても良い中古車
選ぶと失敗しない!
大手が比較的品質保証がある

 



自動車情報誌グーカーセンサー比較
ローンで買う
激安新型中古で未使用乗りたい

安心おすすめ業者

中古車販売業者ガリバー
知名度ランキング1位ガリバーオンライン検索
ガリバー
評価:★★★★☆

無料で相談 日本一有名な会社でお取り寄せ

みんな知ってる町の自動車屋さん♪新古車など新車同然非公開車両もある。取寄できるので、自分がほしいこだわり条件で調べられる。事故歴なしの高品質車で最長10年保証!ローン相談から下取りもできてしまう。全国展開しているので自宅近くの店舗選べる(^^) ガリバーだったら近くのお店で相談できるし、カーライフサポートもあるぞ!マイカーのある生活はガリバーではじめよう

WEB限定早いもの勝ち
安心と実績のガリバー

自分で探せるおすすめ

販売ネット探し
カーセンサー
評価:★★★★☆
カーセンサー.netの公式サイトからは無料で欲しい条件がかんたん数分で調べられます。欲しいキーワードを指定して、「アルファード カスタム」で見つからなかったら、「アルファード 240S」など調べ直しを何度もするとバッチリ欲しい一台見つかる?「フルカスタム」「HID LED」もおすすめ。

アルファードの新古車を購入するメリット

アルファード新車展示車トヨタ車はどの車種でも人気です。ヴェルファイアも同じで、国内でも保守派など幅広い年齢層から支持されています。トヨタの所在地愛知でも在庫が多く福岡・大阪でも好評ですね。

初代や2代目のアルファードの中古車価格は150万円前後となっています。

新型アルファードの中古車価格相場なら、メーカー希望小売価格の50~70%前後の値段になっているはずです。

「新古車が安くないなら新車を買ったほうがいい?」
「もっと安い中古車を買うべき?」

差が付く部分は「保証」です。

新古車の場合は、自動車ディーラーからメーカー保証が受けられます。通販してきた後に販売店にトヨタからメーカー保障が受けられることは重要な部分なのです。

新古車は生産されてから日も浅いため、メーカー保証の期限内になっています。中古車として購入したとしても、まだ保証期限内になっているのです。

この部分が中古車と新古車の大きな違いとなっています。

安い価格で新車と同等の扱いだからお得なのです。

新車購入時と中古車購入での諸費用の違い

自動車ディーラーで新車を購入する時には手続き費用がかかります。

  • 検査登録手続代行 約1万円
  • 下取り査定料 5千円から1万円
  • 下取り手続き代行料 約1万円

 

トヨタのディーラーに相談して削れるものもありますが、メーカーでは諸費用は値引きしづらくなるものです。資格を持った査定士などに支払う料金もあります。

ディーラーに相談して値引き交渉しても減額しづらいのが現実なのです。

中古車販売店ではこの手数料部分が安くなります。

新古車はほとんど新車と同等でメーカー保障もつきます。値引き額も多くなるため、お買い得なクルマになりそうです。

 

 

中古車ネット検索サービス

アルファード以外のクルマでも探せる所がメリット!ハイブリッドや旧型(10系・20系)のアルファードでも調べて価格比較ができます。もしヴェルファイアの中古車が欲しかったら、「トヨタ」⇒「ヴェルファイア」と手順を踏んで調べると価格相場が分かります。

・A社 アルファードG 100万円
・B社 アルファードV 50万円
・C社 アルファードハイブリッド 150万円

結果は表として一覧表示されるので、装備やオプションや走行距離などが一目でわかるようになっています。

中古車販売店も日本各地に存在しています。一件ずつ電話連絡するのも手間がかかるでしょう。インターネットで中古車探しをしていても、目当ての新古車が見つかるとも限りません。

エグゼクティブラウンジサイドリフトアップシート装着車が欲しいと考えていても、目当てのグレードや装備が手に入りづらいものなのです。

カーセンサーやグーでも、調べて迷っているうちに売り切れます。走行距離5千キロ未満、車検登録なしの未使用状態。

これは他の購入者に売れてしまい、実際に電話やメール相談した時には在庫なしになります。

 

中古車屋 業者比較

自動車公正取引協議安全安心
グー カーセンサー比較

近くの中古車屋さん。ここも在庫商売はしていません。オークションで取り寄せたりするので、ショップの人と相談して決めます。

好き嫌いありますね。親父さんが好きなら、近くの中古車屋さんでも問題ないでしょう。ただ契約するときの書類など手違いがあったり、トラブルも起きないようにしないといけません。

大手の業者(アップル、ビッグモーター、ガリバー等)だと細かいところもありますが、手続きはしっかりしています。登録代行などサービス面が優れているのが特徴です。

ガリバー

中古車売るならガリバー

アルファードでは格安から、1年落ち以内の新古車まで探せます。今すぐは無理でも、相談して希望車両を探せるのがメリット。大手で日本全国に店舗があるため、何度も来店するには便利です。ガリバーは保証制度が有料オプション。中古車の心配事をカバーできるのが良いところです。中古車探しだと、一回の相談では決まらないことが多いので、何度も行く人に距離や店舗の数なども参考材料になるでしょう。

年式の新しい車両。在庫がなくなりやすいのでスピード勝負。自動車情報誌だと情報が遅いのが難点。お店へ直接相談すると、欲しいクルマが探しやすい!

ビッグモーター

大型車売りたいビッグモーター

ビッグモーターは日本でもトップクラスの中古車業者です。ただ店舗数が限られるので、近所にお店はないでしょう。都市部から離れているので、電車やバスで店舗へ行くのが時間がかかるのが残念です。受付や対応では好き嫌い分かれるので、ていねいな対応を求める人には向いていないかもしれません。

アルファードの未使用車では自社の在庫で買えます。在庫がなかったら?業者オークションで取り寄せるので、少し時間がかかるでしょう。3年落ち以内のアルファードだとタマ数が少いので探しにくい。他の業者でも良いのです。ビッグモーターの自社だけで買取、販売していると、欲しいものがないことがあります。

アップル

アップル中古車販売

中古車のアップルも大手です。ただ、中古車の販売よりも買取が積極的なのが残念です。販売だと、お客様からのクレーム処理やサポート、メンテナンス等仕事が増えます。アルファードでも古いクルマよりは最新型のほうが、故障もトラブルも起きにくいのです。

アップルは対応も良い会社ですが、中古車探しだと少し面倒。店舗数は少いので、電話相談かメール相談です。店舗へ行くならマイカーなどで行くことになるでしょう。得意地域があるので、日本全国に店舗はありません。

ラビット

中古車買う売るラビット

自動車のラビットは中堅会社。大手よりも地域に強い会社です。東京や大阪や名古屋など大都市の人には向いていないかもしれません。もちろん地域の自動車屋さんとしては、強みがあるので好きな人におすすめします。

中古車のアルファードだと、装備やグレードが違います。両側パワースライドドアなど装備にこだわるなら、選ぶのが難しいでしょう。ただ新古車といっても、あとから装備を追加したりオプションや車内用品は装着できます。アルミホイールやエアロパーツなども後付なのでOKです。

カーセブン

カーセブン

カーセブンも日本全国に出店中。郊外で駐車場があるので、マイカーで来店しやすいのが特徴です。アルファードの在庫と言うと限りがあるので、希望車種が見つからないこともあります。欲しい色、グレード、年式が決まっていると在庫が少いのが問題です。

ほぼ新車状態のクルマを安く買うなら、業者に見つけてもらうことが一番。在庫を聞いたり、雑誌やWEBで調べても限界があるからです。あとは直接お店で相談すること。希望条件にあったものは、業者のオークションでしか手に入らないのです。

カーチス

カーチス

カーチスは本社が東京にあって、関東地方が強い会社です。アルファードのようなミニバンも扱ってます。ただ輸入車やSUVなど得意が決まっていないのが残念。東京都心には店舗がないので、営業所に行くならマイカーが必要。アルファードだとタマ数が多いので、ハイブリッドやガソリン車も見つかりやすいでしょう。

旧型20系は多いですが、最新型の30系は見つかりづらい。激安の初代10系は買いたくないですね。新古車を買うなら、最新型です。安価なグレードなら割安で買える。500万円以上支払わずに、400万円以下でも見つかります。高級ミニバンと言っても、手頃な値段が見つかるはずです。

まとめ

新古車でなくとも、状態の良い中古車はあります。走行距離が1万キロ以下のものや、未登録のクルマもあります。すべて自分で探す手間がかかります。

業者と相談するのが一番早い方法。グーやカーセンサーを見ていても中々決まらないでしょう。希望条件のクルマを見つけてもらうのがおすすめです。

新型アルファードはまだフルモデルチェンジから時間も経っていません。タマ数も少ないため、良いクルマ探しが大切なのです。10系20系を買いたいなら業者選びも必要でしょう。

アルファードもハイブリッドから、排気量・駆動方式などでそれぞれ違いがあります。車両価格も違いますから、グレード選びが購入金額を決めるものです。エグゼクティブラウンジにするのか、ガソリンエンジンの3.5リッターか。オプションなども含めて慎重に検討していきたいものですね。

コメント

  1. ミニバニスト より:

    だまって新車買うのがおすすめ 未使用の中古車って何と思うでしょ。でも展示車か試乗車ならOKかな

  2. カーグーマニア より:

    新古車はグレード車種選択できないです。中古車でも在庫が希少だからです。ハイブリッドかガソリンか。排気量はコスパ重視か大排気量か好みがありますね。オプションは後付けできれば問題なしです。アルファードだと室内のカスタムが多いですが、購入後に取り付けるものなら、新車でなくてもOKですよ。

  3. 匿名 より:

    新古車なら30系の新型ですね。たまに旧型の20系の未使用状態があるんです。実質走行距離0に近くて登録してあったりしてなかったり。ディーラーとかいろいろと流れたり、不良在庫みたいなものもあったりします。ただ新古車は普通は新型車ですけどね

  4. くるまにあ より:

    ガリバーは保証付けられるからおすすめ。普通の自動車屋さんで長期保証はない。お金はそれだけかかるけど、中古車はトラブル出てくるから、アフターが大事

  5. APNS より:

    保証なしだとディーラー行くか、自動車屋に持ち込むか。ガリバーみたいなところでもなんでも全部とはいかないよ。中古車乗り潰すならなんでもいいけど。欲しいクルマに乗れればOKというのもある。