アルファード新型トップ絵
アルファード新型値引きトップ

初代アルファード廃車?お金になる廃棄処分方法

アルファード処理方法 リサイクル問題

クルマ捨てる廃棄処分

自動車の廃車費用は知っていますか?

2005年に自動車リサイクル法が制定されました。一度でも中古車を売却した経験があるなら、すでに知っていることでしょう。旧型のアルファード(10系20系)を下取りする際に別料金を支払うことになります。

消費税も上がった今ならお金を節約するために最善を尽くしましょう!車を捨てるよりは売るのがおすすめです。

処分時の費用

自動車廃車方法

クルマを処分する時には「リサイクル券」が必要になります。

そして、自動車リサイクル料金など廃車費用が大きくかかることになりました。これはトヨタヴェルファイアでも同じになります。

アルファードの場合は「普通乗用車」のため、1万円前後のリサイクル料金がかかることになります。事故車で廃車にしたい場合や下取する場合でもこのリサイクル料金が必要になります。

住所地の陸運局に届出を行なうか、行政書士に有料で廃車を代行することになるのが普通です。この料金も1万円ほどかかります。

今、地球環境への配慮は必須課題となりました。自動車の処理場や汚染物質の問題から、自動車の所有者に費用を負担させる制度が出来たのです。

 

これはクルマの所有者には厳しい制度ですね。

 

 

新車購入予算に当てるにも余計なお金がかかってしまうでしょう。庭や駐車場に放置してある自家用車は、トヨタディーラーでは下取りできなくなってしまいます。

新型アルファードハイブリッドが買いたい!と考えていても修復歴や事故歴のある中古車は下取価格も大幅に下がってしまいます。

ただ、愛車を有料で引き取る以外の方法もあります。

車処分方法不動車事故車

 

事故車買取対応業者

自動車の損傷状態次第では、中古車でも売却できます。

ただ、修復歴のある中古車は買取価格が下がりやすくなってしまいます。修復歴を隠して査定してもらうと、途中でキャンセルされたり大幅に減額されることもありえます。ハイブリッドモデルでも高額査定が出るとは限りません。

 

事故を起こした箇所を修理した場合はどうでしょうか?

一概には言えませんが、修理費にかけたお金ほどは買取価格が上がりません。中古車の買取相場は車種や年式で決まるため、必要以上に修理作業をしても下取価格は上がりにくいのです。

アルファードの場合は中古車価格も100万円を切ることはありませんが、アルファードGアルファードv(10系)なら10年落ちもあるため損傷があって自然な買取相場になっているのです。もちろん廃車になるほどの不動車なら売ることが出来ません(廃車専門業者に売却可能)。

少しの損傷なら、事故車買取対応の業者に見積りしてもらいましょう。

ズバット車買取比較

「ズバット車買取比較」は数十社から無料で一括見積りできるため、ダメージカーでも買い取りできる業者を探せます。10系20系のような型落ちのクルマでも売却先が探せるのです。

 

買取価格買取相場が分かる

 

外装の傷(バンパー損傷、塗装のはげ、こすり傷、へこみ)は、中途半端に修復するよりもそのまま売ることをおすすめします。

アルファードの損傷が軽度なら、普通に中古車買取店に持ち込むことをおすすめします。自動車ディーラーよりもアルファードを欲しがる業者がいるためです。

アルファードハイブリッドでも中古車買取業者からすれば買い手が付くため、全損でもなければ売ることが出来ます。

 

廃車のアルファードをお金に変える

 

事故車高く売る売却処分

普通であれば、陸運局への届出が必要になります。書類を整えて有料で料金を支払う。これはカーオーナーには時間もお金も負担になってしまいます。

しかし、廃車専門回収業者に頼めば無料で引き取ってもらえます。

アルファードはトヨタ車で人気車種です。ハイブリッドもリサイクルする場合にはそのまま捨てるわけにもいかないでしょう。地球環境のため!部品やパーツとして有効利用すれば環境にも優しいですね。

 

車捨てる手間お金

 

全損で完全に破壊されているクルマでなければ、ここでお金をもらえます。火災車水没車でも処分できるため、ガレージに使わなくなった中古車の処理方法に向いています。

車庫に眠っていて税金を無駄に支払っている旧車があるなら、廃棄処分してお金に変えることをおすすめします。

悪い会社に当たらない
実績豊富一括比較はこちら

アルファードでも、初代から2代目3代目と処分先になります。ハイブリッド車などグレードは関係がないため、新車購入予算のために引き渡すのもいいでしょう。

もちろんアルファード以外でも処理できます。新型アルファードを買いたいなら、購入資金や中古車処分も必要になります。今のマイカーを廃車にするよりは、専門業者に見てもらい買取価格を聞いてみる価値はありそうです。

新型アルファードの乗換えを検討するなら、まずはセカンドカーや普段の足として使っている車の処分が必要になります。アルファードVアルファードGを査定してもらい、金額を聞いてみることをおすすめします。

まとめ

新車を買う前に愛車の処理方法を考えますが、何も考えずに捨てることにしてはもったいないですよ。下取することで購入予算は増えません。廃棄処分せず、廃車専門買取業者に一度見積もり依頼をしてみて値段だけでも聞いてみる価値はあります。

新型(30系)は安全装備やエコ性能でも向上しました。フルモデルチェンジされて新車購入を検討しているなら、まずは庭やガレージ内の不動車、セカンドカーを始末してお金に変えることをおすすめします。トヨタ車の人気のほどがうかがえますね!