冬のソナタ17話あらすじ 運命の真相とはネタバレ

プロポーズからまさかの悲劇?冬ソナ17話サブタイトル「障害」。二人を止めるものとは両親なのか、それとも運命?

 

韓流はんりゅう好き女子オタク
ユジンとジュンサンは運命だといいましたね。でも悲しい運命も待ってるんでしょうか?
男性ユーザーネットで動画
韓流らしく、結末も泣ける展開を予想します
冬のソナタ17話

©KBS

冬のソナタ17話相関図

注目特集記事
男優ランキング
胸キュン度高いイケメンこちら
男優ランキング
女優ランキング
新旧美人のスターはこちら
女優ランキング

第17話 障害

マル秘秘話裏話
◆主要登場人物
◯イ・ミニョン(ジュンサン)
ペ・ヨンジュン

◯チョン・ユジン
チェ・ジウ

◯キム・サンヒョク
パク・ヨンハ

◯キム・ジヌ
チョン・ドンファン

◯カン・ミヒ
ソン・オクスク

序盤

17話で教会で祈りを捧げたふたり。そして誓いのキス。「結婚してくれ」正式なプロポーズ。

その後、スキー場へキム次長とジョンアと会いに行く。ユジンはジュンサンの目が赤いことを気にしていた。ジュンサンは眠れない理由があった。手をつなぎながら歩く二人。スキー場の冬も終わりになろうとしている。あのときも冬が来て春になって消えていた。「だから今回も冬が終わったら、全部消えちゃうような気がして」と不安なユジン。「二度と離れない」とジュンサンは約束。

そのころ、キム・ジヌとイ・ギョンヒは結婚が破談になったことで話し合っていた。そして話はカン・ミヒのことに。カン・ミヒが自分に会いに来たこと。そしてそのカン・ミヒの息子と自分の娘のユジンが付き合っていることを話す。知らなかった父は驚く。謝る母だったが、今日の話はそこではなかった。

カン・ミヒから「二人を止めて欲しい」と言われたのだった。カン・ミヒは、自分の息子のジュンサンとユジンの結婚に絶対反対だと言う。驚いて言葉が出ないキム・ジヌ。そこまでして反対する理由とは?

春川へ帰るイ・ギョンヒは思い出していた。「私も反対です。ジュンサンとユジンは結婚できません」

キム・ジヌは昔の白黒写真を見て思い出す。ジュンサンの父親、死んだという人物のこと。それがもし、チョン・ヒョンスだとしたら・・・。

雪山で、少年時代のように遊ぶふたり。ロープウェイで二人きりデート。雪合戦。真っ白になってしまったジュンサン。童心に帰る。ピアノでウェディングの曲を演奏するジュンサン。思いつく、春川の母のもとに結婚の意思を伝えようと。親たちの話し合いを知らずに・・・。

ジュンサンは仕事の総仕上げをしようとした。キム次長に言って手直しをさせようとする。

そして二人は春川の実家へ。正座して、二人はお願いに来た。「僕をユジンさんと結婚させてください」。事情はわかっていたような母イ・ギョンヒ。うつむいている。ユジンもお願いしますと頼み込む。「誰よりも幸せにしてみせます」とジュンサンは精一杯頼んだ。

「急に来られても困ります」カン・ミヒからの結婚反対の申し出があったことは言わずに答えた。ユジンは驚き、ジュンサンは「僕を気に入らないのはわかります。ユジンさんに辛い思いをさせたんですから。でもお母さんに認められるように努力します」

母は「そんなんじゃないです」とジュンサンを見て言った。「ユジンに話しておきますから、お帰りください」と席を立った。ジュンサンは言われた通り帰ることに。二人はお互いを心配し合う。「心臓がドキドキしてる」とユジンはジュンサンを慰めた。ユジンは「サンヒョクのことがあったから」と心配しないでと安心させる。ユジンも不安でいっぱいだった。まさか母がここまで冷たいと思わなかったからだ。

ユジンの説得は続く。「私どうしてもジュンサンじゃないとダメなの」ユジン。母は激しく言った「どうしてよりによってあのひとなの?これからどんな辛い目にあうかわかってるの?」と。ユジンは母の手をとって頼み込む。「お願いママ許して。あのひととだったらどんな辛いことも耐えるわ」

イ・ギョンヒは一粒の涙をこぼした。「私が許してもカン・ミヒ、彼のお母さんが絶対に許してくれないわ」。ユジンは事情がわからずに困惑。そこで母は白黒写真を見せる。そこにはカン・ミヒと男が二人いた。一人は若いキム・ジヌ。カン・ミヒと手を組んでいるのは若いころの父チョン・ヒョンス・・・。

中盤

その頃、ジョンアはソウルまで理事の頼みで服を取りに行っていた。キム次長とジョンアはうまくいったら、ボーナスが欲しいという。「うまくいきそう?」と聞かれて苦笑いする。「大丈夫ですよ」と。

ユジンはあのあと、母から説明されていた。この写真の3人は幼馴染だったと。大人になって、カン・ミヒと父のヒョンスは婚約したのだという。それから母と父が出会って結婚するまで、ミヒはすごくしつこかった。ミヒの自殺未遂事件で、それからは別れることになったという。

そのあとカン・ミヒを救ったのが、サンヒョクの父キム・ジヌ。彼女は恨んでいると、自分とその子供のことを。

ジュンサンは悪夢にうなされていた。古い写真。母と父・・・。

その後、改装されたカフェで理事と会うユジン。豪華な机と椅子。洋式でテーブルクロスがかけられている。椅子には真っ白なドレスが据えられていた。ユジンは結婚の許しが出なくて、気持ちが沈んでいた。ジュンサンは努めて明るく振る舞おうとしている。

ユジンが設計したカフェ。ここで開店する前に、初めてのお客としてディナーがしたかったという。楽しい食事。じゃれあっていた。そしてプレゼントもあった。それは何かと聞くと、「秘密」という。

夜の散歩を楽しむふたり。ユジンは「映画で見たんだけど、コインで結婚占いするシーンがあったの。表が出たら二人は結婚。裏はできない」その映画の結末は結婚できた。やってみようという二人。コイントス。キャッチするジュンサン。結果を見ずに言う。「その映画ではコインの表を張り合わせていたんだよ。もし裏が出たら結婚しないつもりだった?」

さすがに困惑するユジン。気になっていた、母の答えを聞くジュンサン。ユジンは答えずに歩き始める。「認められないって?」答えないユジンの言いたいことを理解した。二人で説得しようと励ます。「さっきの秘密にしてたことの理由教えようか。二人で力を合わせて、何でも乗り越えようという意識だよ」と楽観的に笑った。

ユジンは母から言われたことを告げる。カン・ミヒが母に会いに来ていたこと。そしてカン・ミヒは父のチョン・ヒョンスを愛していたこと。母のイ・ギョンヒがカン・ミヒを羨ましがっていたこと。昔にカン・ミヒはヒョンスと婚約していたことがあったこと。

「だから、あなたのお母様も、私の母も結婚に反対なの」とユジンはジュンサンに答えを探そうとした。ジュンサンは事情を理解して、母の苦しみと結婚反対のことで悩む。

ヨングクもジュンサンとユジンの結婚に複雑な心境を持っていた。ジンスクもうなずく。サンヒョクも気になる二人。サンヒョクは「いいことじゃないか、僕は平気だよ」。ジンスクたちは本当に平気なのか心配だったのだ。まだ結婚の知らせがなかった。教えてくれるだろうと言う。サンヒョクは「本当によかった」と小さくつぶやいた。

すっかり春になろうとしている。晴れがましい気持ちの二人。車であるところへと向かう。「どこへ?」というユジンに「写真をとってない」と写真館へと連れ出すジュンサン。ユジンはジュンサンの写真がなかったことに気づく。記念日にしようという二人。

写真館店主から「兄弟?結婚されてる?」と聞かれる。ふたりはピッタリと寄り添ってラブラブモード。店主は「式は挙げてない婚約者か、恋愛中だとか、不倫してるとか、もしや結婚を反対されてるとか?」と冗談を言った。図星をつかれて、笑顔がひきつってしまう。ユジンは涙目の写真になってしまった。

気を取り直して帰ろうとする二人。ジュンサンはソウルに行くという。私も生きたいというユジンに、ポラリスで仕事をするようにとジュンサン。今日中に戻ると約束して別れた。

サンヒョクは結婚の話で考え込んでいる。そしてジュンサンに飲みに行こうと誘った。結婚するということを聞いてお祝いの言葉が言いたかったようだ。テーブルでは今にも消えそうなローソクの火がテラテラと輝いている。サンヒョク「本心だぞ」。ジュンサン「ありがとう」

「泣かせないと約束は守れてるか?」「守れてない。どうしよう」ジュンサンは正直に言った。サンヒョクに事情を説明する。「親たちの不思議な縁があるんだな」とサンヒョクは結婚反対のことを冷静に受け止めた。そうか、と。少し考え込んで、「駆け落ちしろよ」。ジュンサンはハッとしてサンヒョクを見る。

「僕だったらそうする。ユジンが僕を好きだったら、両親や友達を捨てる」と残念そうに言った。ジュンサンはそれもいいかなと言うが、不安でたまらないと言う。別れ際、二人は握手する。10年のわだかまりが、今やっと解けたと。ジュンサンも握手を返して笑う。

「本当に逃げて駆け落ちするなよ。ずっと待てばいつかみんなから許してもらえるさ。その時に結婚しろ」サンヒョクは言う。「ありがとう」と友の言葉に返すジュンサン。別れ際に思い出し、サンヒョクは言う「お母さんには絶対に感謝しろ」。なぜとジュンサンは微笑み聞いた。「お母さんが失恋しなかったら、君とユジンの出会いはない。もしお母さんがユジンの父さんと結婚してたら、君たちは兄妹だから」と冗談まじりにいった。

もしかしたら?ジュンサンは言葉をつなぎ合わせて考えた。父は死んだという、そしてユジンの父も死んだ。真相を確かめに、キム・ジヌの部屋を訪問。いなかったが、部屋でとある写真を見つける。それはカン・ミヒとキム・ジヌ、そしてチョン・ヒョンスが写っていた。

終盤

会社ポラリスのジョンアはスキー場の仕事が終わることを名残惜しんでいた。ソウルへ戻れば雪も見られない。ユジンは浮かない。今年の冬は終わる。「なんでも最後は悲しい」。そして降雪機の降るあの場所へ。ミニョンが「泣きたいならここで泣けばいい。誰も聞いてない」と言った場所。

投光器が月のように神秘的な雰囲気。「今日中に戻る」と言ったジュンサンだが来ない。一人でトボトボと歩くユジン。ジュンサンはいた。「いつ帰ってきたの?」とユジンは少し咎めるように聞いた。「ここに泣きにきたの?」違うというが、偶然鉢合わせたふたり。

ジュンサンは寝不足なのか、目が赤い。表情も優れず元気がないようだった。心配するユジン。「寒いから」と心配事を伝えなかったジュンサン。ただ、ユジンを抱き寄せるだけだった。

翌日レストランでふたり。「今日にでも結婚しよう」。ジュンサンの言葉に驚くが、喜びもあるユジン。ユジンは突然の話に困惑ぎみ。うれしさを通り越して、ジュンさんの様子が気になっていた。「変ね。なんで急に?」「待てなくなった」「反対されたから、やけになっているの?」

ジュンサンは真剣に言った。「きみが必要だから。母に反対されても結婚するよね」。ユジンは迷わず言った。「ええ」。自分の母のことで、少し迷いを見せた。「許しを待つ必要なんてないよ。僕たちは10年待ったんだから」とジュンサンはサンヒョクから言われたことを実行しようとしていた。

すぐに答えられないユジン。ジョンアに相談しにいった。ユジンの人生の先輩として、アドバイスが聞きたかった。「理事はどこにいってたの?」とジョンアが聞くが、話してくれなかったという。理事の様子はたしかに少しおかしい。ユジンは「お母さんのこと。二人の母から結婚を反対されてた」。なるほどというジョンア。

結婚すればいいというジョンア。手続きもかんたんだし、愛してるかどうかのほうが大事。

ジュンサンは思い出していた。写真の人物のこと。そして高校時代にユジンから話してくれたこと。「3人は同級生だったの。お母さんはただの同級生だと言うけど、腕組んでるから恋人同士みたい」その話を聞いて、昔のジュンサンは駆け出していたのだった。このあとにアメリカへ戻ろうと決意。そして事故に・・・。

ジュンサンはカン・ミヒに真相を聞きたかった。「僕の父親はチョン・ヒョンスさんなの?」とジュンサンは震えるように聞いた。もしそうならユジンとは兄妹になってしまう。婚約はできない。母は驚くが、今までのことからいずれは気づくと思っていたのか動揺は少なかった。うつむいて「ごめんなさい」とつぶやいた。

その後、ジュンサンは目をつむっていた。寝られないのか、考え込んでいるのか。ユジンがカーテンを開ける。光がまぶしい。「散歩に行きましょう」と誘った。雪解けのなか、よく晴れた日に自然の中でふたりきり。

「結婚の話は本当に言ってるの?」もしかしたら冗談だったかとおもっている。ジュンサンは困惑気味で黙って見つめる。そして「本気だよ」とマジメな顔で言った。「ふたりだけだと誰が証明してくれるの?」とユジン。ジュンサンは必要ないと言う。

ユジンも真剣に答えた。「いいわ。結婚しましょう」

サンヒョクは実家に帰ってきていた。そこで父が電話しているのを聞いてしまう。「ジュンサンとユジンの結婚は絶対にダメです。お母さんもスキー場に行ってください。止めないとこれから大変なことになる」とキム・ジヌ。

サンヒョクは「僕のせい?僕が別れたから?僕はもう平気だよ。父さんが反対する理由なんてないよ」と厳しく言った。父はそうじゃないという。自分が反対することじゃない。ただユジンの母も事実を知らないからだと言う。事実を話したら、結婚を止めてくれるかとサンヒョクに頼む。

「ジュンサンはチョン・ヒョンスの息子だ。ふたりは兄妹だ」。サンヒョクは車で走り出す。

ジュンサンとユジンは着替えて、あの教会で本当の結婚式の準備をしている。二人だけで・・・。

韓流動画配信比較表
項目
韓国
ドラマ数
K-POP
月額料
無料
多い
多い
1,990円
31日無料
Netflix
なし
なし
800~1,800円
なし
ふつう
少ない
1,026円
2週間無料
Amazon
ビデオ
ふつう
なし
500円
30日無料
楽天TV
少ない
多い
基本無料
視聴料あり
なし
DMM動画
少ない
少ない
550円
なし
TSUTAYA
TV
少ない
やや多い
933~5,423円
30日無料
31日間無料
イチバンはこちら
U-NEXTで今すぐ見る

今回の感想や評価

視聴者の感想
口コミ感想意見
ついにプロポーズですね。おのろけすぎてて、アツアツなんですけど。やっぱり裏側では泣ける展開が進んできてます。様相がついてきてるところで、最後はふたりどうするの?結末予想も楽しいです
レビューコリアドラマ韓流
約束された仲は、ユジンとサンヒョクでしたね。高校の頃から、ジュンサンは祝福されない人だった。ジュンサンって結局なんなの?兄妹?運命の人だというけど、それは兄妹愛だったのか、恋愛なのか。
評判良い悪いうざいきつい
カン・ミヒの自殺騒動。ドキッとしますね。サンヒョクとかチェリンも心配。これから悲劇が待ってそうで、視聴者も誰か死ぬのか不吉な予言ですよね
↓冬ソナ動画で見るなら↓
韓流バナー