アルファード新型トップ絵
アルファード新型値引きトップ

アルファード保険料の相場が分かると見積もりで安くできる!

自動車保険の見直しで保険料を安くする裏技

アルファードネット保険見積り査定

自動車保険は通販タイプ、ダイレクトタイプ、外資タイプといろいろありますがどこにするのか迷う所でしょう。保険会社のサービスでも各社ごとに保障内容や値引きが違います。

自賠責保険だけでは不安を感じる人なら、任意保険は一生の保障をしてくれるものです。これから加入したい若葉マークのドライバーなら加入前に保険の相場を比較することを覚えておきましょう。

アルファードとヴェルファイアの保険料

損保会社見直し

これから車両保険を受ける人には任意保険の料金の違いを確認する必要があります。一般的な任意保険料ではこのような特徴があるでしょう。

  • 事故率の高いクルマは料金が高い
  • ドライバーの年齢が高いと料金が安くなる
  • ドライバーの等級が大きく影響する
  • 年間走行距離や使用環境で料金が変わる

 

アルファードよりもヴェルファイアのほうが割高になるという話しもあります。これはドライバーの年齢層の違いがあるでしょう。ヴェルファイアは高校生や大学生などの20代・30代のオーナーが中心なのです。対してアルファードは30代以上で60代以上のドライバーも多くなると言います。

若い人ほど事故を起こしやすく、車両保険でも料金が高くなりやすいのです。

アルファードの年間保険料の目安は2万円から5万円でしょう。任意保険を契約するならこの金額に数万円から10万円加算されます。個人差が激しい部分のため、月々いくらと明言はできません。だからこそ比較してみて相場を確認し、余計な保障をなくすなど工夫も必要なのです。

 

自動車保険のチェックポイント

新型アルファード保険査定

  • 等級がいくらあるか
  • 過失割合でどの程度金額が変わるか
  • 搭乗者保険をどのようにするのか
  • 被保険者の年齢
  • 車両保険の有無

 

このようなポイントから保険料の価格相場は変わります。

結婚や離婚、子供の出産などから保険の見直しが必要になります。ゴールド免許の所持者なら、年齢が増えてきても割引などで安くする方法もあるのです。見積もりしなおす理由はここにあります。

新型アルファードハイブリッドの購入を検討するなら、費用を少なくするためにも保険の見直しも視野に入れましょう。中古車の場合、安全装備などでも新型より劣ります。単純にアルファードでも年式の新しい車種が安全性も高く、搭乗者に危害が出にくいクルマになっているはずです。

インターネットから保険会社を比較すると次のようなことが分かります。

  • 支払い保険料
  • 車両保険の有無や金額
  • 人身傷害補償金額
  • 搭乗者傷害保証額

 

最も大きいのは、保険料の比較ができることでしょう。

SBI損保やセゾン、三井ダイレクト損保などから一括で料金比較が出来ます。電話で一軒ずつ交渉して料金やサービス内容を比べるよりも手間が省けます。

 

自動車保険の比較ポイント

  • 年間保険料
  • 事故時の対応
  • 事故時の補償金額や種類
  • ロードサービスなどのサポート
  • 割引サービスの有無
  • 保障内容(対人・対物・対物超過特約)

 

今は初心者ドライバーや女性ドライバー・サンデードライバーが多くなり、事故を起こす件数も増えています。カーナビや携帯電話の使用での事故も増えていて、自動車保険に対する考え方も改める必要があります。

アルファードの3ナンバーの大型車で、衝突事故には強いとされています。トヨタの安全装備があるため、安全性でも軽自動車などよりは高いと考えられます。それでも車両保険は必要です。

10系20系では走行距離もかさみ、ボディのよれや劣化なども気になります。中古車は耐久性も落ちてきますから、新車よりも安全性では劣ります。過走行の型落ち車に乗っていることは事故が起きた時の被害も変わってくるでしょう。

中古車アルファードG(10系)アルファードV20系では保険料も変わってくるでしょう。ハイブリッドモデルへの買い替え乗り換えするなら保険会社を変えることも考えられます。

 

アルファードの保険の見積り額を比較

アルファード車両保険安い

自動車ディーラーで新車を購入すると、保険会社を選べないこともあります。保険会社を後で変更したいなら、満期になった時以外でも選べるのです。解約返戻金があるため、途中で解約をしても払い戻しが出来ます。

このため、インターネットから無料見積もりサービスを受けても保険会社の変更に問題は少ないのです。

「保険の窓口インズウェブ」では最大22社から保険会社の見積もり額を比較できます。

  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • チューリッヒ
  • アメリカンホームダイレクト
  • セコム
  • イーデザイン損保
  • おとなの自動車保険
  • 三井ダイレクト損保
  • そんぽ24
  • SBI損保
  • INSURED
  • GENERALI
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 朝日火災
  • 共栄火災
  • 損保ジャパン
  • 日新火災
  • TOKIO MARINE NICHIDO
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • AIU保険
  • ニューインディア

 

外資系から国内大手損保会社まで選べます。新車や中古車購入するなら、任意保険の見直しで費用を安く抑えることもできます。アルファードハイブリッドは700万円近い金額です。自動車ローンを組む予定なら、合わせて保険会社選びもおすすめします。

特定の保険会社にはインターネット割引きもあります。

年間費用を平均で3万円ほど安くできるようです。これは保険料の値引きと同じことです。

ネット見積もりのメリット

  • 24時間対応している
  • 見積もり結果がすぐに分かる
  • 複数の会社から比較できる
  • その後の交渉も迅速にできる

 

今までに契約していた会社が選べないことはデメリットかもしれません。長い間契約していた保険会社との付き合いを重視する人もいるでしょう。

ただ万一事故を起こした時の対応を考えるなら、きちんとした対応をしてくれるところを探すべきでしょう。料金が値引きされることも大事ですが、事故時の対応やロードサービスなどで差がつきます。

 

ネットで無料比較するなら
自動車保険一括見積もり

保険の窓口インズウェブ見積もり

インターネットから無料見積もりして比較ができますが、必要事項が抜けていると結果が出ません。事前に契約中の保険や、愛車の詳細情報を確認しましょう。

◆車の情報
 登録日。メーカー名。車名。型式。

◆保険の加入状況
 現在加入している任意保険の有無。

◆使用状況
 マイカーの使用場所や日数、使用目的に走行距離などを記入。

◆車のナンバー
 現在適用中のナンバープレートから番号やひらがなを記入。

◆現在の契約内容
 契約中の保険会社とその満期日を記入。

◆保険金請求事故
 事故による保険金の請求件数。過去の契約中に起きた事故の数。

まとめ

車両保険は難しいと感じるならファナンシャルプランナーの指導が必要です。保険料の見直しをするのも会社選びをすることと同じになります。これから新車アルファードを購入予定の人なら保険会社選びにも時間をかけましょう。

すでに契約中で満期を迎える人なら、見直しする良い機会かもしれません。詳しいことは保険会社に質問して信用できる会社を選びましょう。年齢や世帯構成、使用環境で大きく料金は変わります。アルファードが30系なのか20系なのかの違いではないのです。車両自体よりもドライバーの等級や走行距離など使い方が関わってきます。